« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月27日 (水)

保健所の人が訪問

今日は保健所の人が健康状態を確認するため家に来ました。
産まれて20日が経ち、重くなってきたのは分かってましたが今日計ってもらったら約3900㌘になってました。600㌘ほど増えていたので一安心。頭囲は37㌢でした。簡単な検査だけなので他に異常はなく順調に成長してました。
一週間ぐらい前から顔に乳児湿疹が出てきていたのでその対処の仕方も教えてもらいました。

| | コメント (0)

2006年9月13日 (水)

退院

9月13日、無事に退院しました。母子ともに順調です。
子供の体重が病院の規準値よりも少なくて退院できるかわからなかったのですが、ギリギリの数値でOKをもらいました。
しばらくは実家で過ごします。

| | コメント (0)

2006年9月 9日 (土)

名前が決まりました。

今日の昼から赤ちゃんと同室になり、授乳が始まりました。そして、名前が決定しました。翔平君です。
最初に考えていた名前からどんどん変わり、最終的に旦那が決めてくれました。義父が「名前は男でも女でも両方考えてあるから決まらなかったら教えるよ」って言ってたので聞いてみたら「女の子の名前しか考えていない」って言われました。「最終的に決めるのはおまえ達なんだから」と。ずっと名前がなかったからやっと決まってよかったです。

| | コメント (0)

2006年9月 7日 (木)

男の子を出産しました

今日、9月7日、午後3時55分に体重3362㌘身長50.5㌢の男の子を無事出産しました。母子共に健康です。
朝6時20分に出血し、7時から陣痛が5分おきにきて、病院に行く日だったので母と行き即入院に。旦那を病院に呼び、立ち合いのもと出産しました。痛みで昼ご飯は全く口に出来ませんでした。陣痛から9時間で初産のわりに早い方でした。今日は私だけが出産だったので先生達がほとんど参加して安産で産めました。
陣痛室では陣痛がかなり早く来ていて、すぐにでもいきんで出したいぐらいでしたが、子宮口が6、7㌢になってきた頃から破水して3時10分には分娩室へ移動しました。
移動してから、いきみ始めたら、いきみが早すぎたみたいで陣痛がおさまり始め、陣痛促進剤をかけ、いきみを再開。それでも上手くいかずに先生がお腹を押しながら出そうと努力してくれました。
そのおかげもあり、産まれました。足にヘソの緒が巻き付いて出てきました。
当初は羊水が濁っていたので、産まれたら小児科に連れて行くかも、と言われましたがそれもなく無事でした。
産まれた時は産声をすぐに上げなくて少ししてから「オギャア」と軽く出して一安心。ちょっと疲れたみたいでなかなか泣かなかったみたいです。
産まれてみれば私の身長からでは意外と大きな子でした。先生達も「その身体で良く頑張ったね!」って言ってくれました。
切開したのですが、それとは別の所が切れてしまい、余計に縫う所が増え、今はそこが一番痛いです。
でも出産の痛さには勝てません。この痛みがあったからこそ産まれた命。
元気に産まれてきてくれて、本当にありがとう。

| | コメント (0)

2006年9月 5日 (火)

出産予定日なのに…

今日は出産予定日。検診に旦那と行ってきました。 まだ産まれそうにないです。子宮口も頭の下がり具合も順調なのですが、お腹の中の方が居心地良いみたいです。分娩監視検査ではまた赤ちゃんがなかなか起きてくれなくて時間がかかりました。 明後日、また病院に行き、検査してそれ以降でも産まれそうになければ、13日に入院して陣痛促進剤を使っていくとのことです。

| | コメント (0)

2006年9月 1日 (金)

出産予定日の検診

昨日、旦那は前々から一人で「8月31日は飲みに行く」と言っていたので、定時後に帰るコールがあり、六時半頃に帰ってきました。私はご飯は食べずに着替えたらすぐ出かけると思ってました。

しかし、「早く行ってもしょうがないから。ご飯を食べてから出かける。」って言われ、すぐにご飯を用意して、夜8時頃に飲みに出掛けました。

出掛ける前に、「最終検診日の9月5日は一緒に病院に行く?すぐに入院になるとは限らないけど・・・」って私が聞くと、旦那は渋い顔して何の返事も返ってきませんでした。

返事が無いまま、一人飲みに出掛けました。夜8時に出て、明日も仕事だからそんなに遅くは無いと思ってましたが、帰ってきたのは夜中の2時前でした。せいぜい、12時過ぎぐらいかと思ってたら、何の連絡も無く、夜中の2時前。私は寝ずに待っていました。

どこに飲みに行ってるかは検討ついていたのですが、あえて携帯に連絡することはしないで待ってました。ひょこっと帰ってきて、「遅くなりました。」って謝りはありましたが、すぐに「遅いから寝よう」って。ちょっとあまりにも連絡無く、帰りが遅かったので私は口もきかずに無言で寝ました。さすがにお酒の入っている旦那はすぐに眠りにつき、私は寝付けませんでした。

そして今日、朝から私は機嫌が悪いまま旦那を見送りました。昼過ぎにメールで「9月5日は有休取ったから一緒に病院に行こう」って。うれしかったけど、私が声を掛けなかったら絶対に行かなかったと思います。

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »