« 生後10ヶ月に | トップページ | チケット当選 »

2007年7月 9日 (月)

初めてのお葬式

昨日は、翔平を連れて、みんなでお葬式に行ってきました。私の実家に集まってから、車2台で1時間ほどかけて行きました。25年近く家族ぐるみでお付き合いして、良くして頂いたおじさんが亡くなったとのことで子供を連れて、お葬式に参列してきました。

住んでいたマンションのご近所付き合いから始まって、子供の年齢が近かったこともあり、一緒に旅行をしたり、おばさんの実家へお泊まりに行ったりと色々なところへ遊びに行った思い出があります。家が離れてからも遊びに行って泊まったり、当時その家庭で飼っていた犬の散歩をさせてもらったりして、お世話になった方でした。

木曜日の夜、おばさんがパートから帰るといつもと変わらずおじさんは寝ていたのですが、どうも様子がおかしいと思い近づくとすでに息を引きとっていたとのことでした。肝硬変でした。享年63歳。やっと年金生活に入った途端のことでした。家で亡くなったので、念のため警察が来て、現場検証をし、眠るように苦しまずに亡くなったとのことでした。大好きなお酒を飲んで、いつもと変わらない様子のまま。

昼から告別式だったので、実家に行き、置いてあった喪服に着替えて、すぐに向かいました。翔平を連れて行くので、はじめは旦那の実家に預けようか話していましたが、一人歩きがまだできないので抱っこした状態で連れて行きました。おしゃぶりをつけていれば、うるさくしないので旦那と私が交互に抱っこしておじさんをお見送りしました。姉は子供三人を連れてだったので、私の父が一緒について面倒みていました。上二人は幼稚園の制服姿で、下の子は普通の服で行き、下の子は姉にべったりでした。

翔平が生まれた時に、珍しくおじさんも一緒に顔を見に来てくれて、喜んでくれていました。小さいときから私の事を良く思ってくれて、思い出話では私の小さいときのよちよち歩きが今でも目に焼き付いていると、会うたびに言われました。約10ヶ月前に会った時ばかりなのに。私の両親は5月に夫婦同士で日帰り旅行をしたばかりだったので、亡くなったことが信じられませんでした。

でも、翔平の顔を見せてあげることができたのが幸いでした。また、落ち着いた頃に母たちと一緒にお線香を上げにいこうと思ってます。

お葬式が終わってからは、私の実家で過ごしていました。翔平は実家に着いてから夜、家に帰って寝るまで昼寝を一度もしないで、奇声をあげて元気いっぱいでした。お菓子もいっぱい食べて、いっぱい遊んでテンションが高かったです。でも、帰ってお風呂に入れた後はすぐに寝てくれたので助かりました。

|

« 生後10ヶ月に | トップページ | チケット当選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生後10ヶ月に | トップページ | チケット当選 »