« 結婚記念日 | トップページ | 母の日参観 »

2012年5月10日 (木)

母の体調

前々回、ちょっとだけ書いた、母の体調について書きたいと思います。

1日の日に、母は病院hospitalに行ってきました。先月、仕事中に鼻血が出てしまった母。ビックリした同僚らが大騒ぎになり、「病院に行った方がいい」と言われ、母も気になるところがあったので、病院に行きました。

特に、今年に入ってからちょっと動いたり、階段の上り下りをしただけで心臓がドキドキとする、動悸・息切れや鼻血も出たりしていました。実際、私が3月に実家へ行った時も母が鼻血を出していたのを見ていました。母は、いつものことだからcoldsweats01って感じで対処してましたが・・・。もうその頃から体調がよくなかったようです。

病院で調べてもらったら、「心臓に雑音があるgawk」と言われ、後日、心電図などの検査をすることになりました。そして、その結果を1日に聞きに行きました。

結果、「大動脈弁狭窄症」と診断されました。心臓の手術をしないといけないと言われ、母としては薬さえ飲めば治ると思っていたので、まさかの手術にビックリshock
手術の前に、来週18日に1泊2日で、心臓のカテーテル検査の検査入院が決まりました。
カテーテル検査で、他にも悪いところがないか診て、その結果次第で手術日が決まるとのこと。

どうも母の心臓にある、血液を送り込む弁が老化などが原因で、弁が固くなり機能しなくなり、血液が逆流しているというのです。実際、母も見せてもらい、逆流しているのがよく分かったって言ってました。
機能しなくなっている弁を人工の弁に取り替える手術をするのです。全身麻酔になるし、胸を切り開く手術で、人工心肺を使うので、母もちょっと気落ちしていましたthink

結果を言われた夜、私のところに電話phonetoが掛かってきて、手術をしないといけないことを話してくれたのですが、電話口での声が暗かったですgawk
とりあえず、母は2つの仕事をしているのですが、1つの職場は問題なく続けることが可能だと先生から言われたのですが、鼻血が出た仕事先は、冷凍冷蔵を扱う仕事で、重たい荷物を運んだりするので、普段からもその積み重ねがあったようで、特に心臓に負担が掛かりすぎるというので休職することになりました。

病院からはとりあえず、2ヶ月間の休養を要する診断書を出され、それを持って早速母は、仕事場へ話に行ったところ、母としては仕事を辞めようと思っていたのですが、仕事先からは治ったらまた仕事に復帰して欲しいと言われ、とりあえず完治するまで休職という形になりました。ただ、あくまでも2ヶ月間というのは過程なので、延期になる可能性もあります。

手術の日が決まり、入院期間もどれぐらいになるかはまだ分かりませんが、その間、父の食事や洗濯など、母は気がかりのようでした。特に、洗濯はたたむことはしても洗ったり干したりは普段やっていないので、まずは洗濯機の使い方を今は母から教えてもらっているようですcoldsweats01
普段から父は家のことをちょっとはやってくれているので、そう困ったことはないのですが、食事は作らないので、その辺は大変かもしれません。

人工弁にするということで、障害者扱いになるようで、色々と申請もしないといけないようです。
今、厄年真っ最中の私。私の厄が母に付いてしまったのかな??なんてこともまた考えてしまう私。。。despair
ただ、母もそろそろ体調に関して気をつけないといけない年齢だな~gawkって思っていた矢先だったようです。

まずは、検査入院が無事に終わって欲しいですthink

|

« 結婚記念日 | トップページ | 母の日参観 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結婚記念日 | トップページ | 母の日参観 »