« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月26日 (月)

三連休と2歳2ヶ月

三連休は、久しぶりに旦那の実家へ23・24日だけですが、泊まりに行ってきました。

ちょうど23日が車検でディーラーに車を預けることになっていました。ディーラーが旦那の実家方面のため、車を預けたあと、代車で実家へと向かいました。
翔平の誕生日祝いで行って以来、ずっと行けてませんでした。義母は、結莉奈の誕生日の時に、我が家へ来ていたのですが。。。

この日は、義母が兄妹と一緒にお墓参りに行く予定になっていたので、一緒に行くことにしました。
義伯父さんは、お墓参りに私たちも来たので、ビックリしていましたが、翔平と結莉奈に会えて嬉しかったようですhappy01
お墓参りをしたあと、ちょっとお茶でもして行こうということになり、お盆の時に行けなかった義伯父さん希望のファミレスにいくことにしました。

義伯父さんは、ファミレスに行ったことがなく、翔平達が来た時に一緒に行ってみたいと行っていたので、近くのガストへ行きました。
翔平に、ドリンクバーの使い方を教えてもらったり、結莉奈に食べさせてあげたり、義伯父さんは喜んでいました。
すると、ディーラーから車検が終わったと連絡が入り、義伯父・叔母さんたちとその場で別れて、ディーラーまで行ってから実家へと戻りました。

義父は家に残っていたので、夕食に行こうと誘いに行ったのですが、今、足がちょっと悪いこともあり、行かないというので、義母と私たちは近くのピザ食べ放題のお店へ行くことにしました。前回も行ったのですが、前回の時は1時間以上の待ちでした。今回は30分ぐらいだったので良かったです。
結莉奈も翔平もピザをたくさん食べてdelicious帰ってから翔平は今回も義母とお風呂spaに入り、1時間近く遊んでいました。

翌日は、翔平と義母がゴミ捨てついでに買い物に行きました。結莉奈も行きたがったのですが、危ないのでお留守番gawk
あとで、私たちと一緒に散歩に連れて行くと大喜びhappy02でした。翔平抜きでお散歩に行くのも滅多にないので、結莉奈もちょっと楽しそうでした。

夕食をご馳走になってから、家と帰りました。
すると、部屋の電気が付きませんshock前々から電気が暗かったので、電球が切れたのだと思い、昨日、食料品の買い物のあと、大手家電で電球を購入して付け替えたのですが、それでも付きませんでした。

どうも元からダメだったようで、急遽、買った電球を返品して元から買い直すことに。。。sad
旦那が独身時代に一人暮らししていたときから使っていた物で、10年以上経っていたので劣化していたようです。
せっかくならとLEDのを買い、付け替え、無事に部屋は明るくflairなりました。

ただ、痛い出費でしたshock先週、掃除機も壊れ、修理して帰ってきたばかりで、1万円の修理代を払ったばかりなのに、今度は電気を買い換えで、壊れる時は本当に立て続けに起こりますねthink
そんな最後に痛い出費のあった、三連休でしたdespair

Dsc05000Dsc05008そして今日は、結莉奈が2歳2ヶ月になりましたhappy01
明日は、実家で飼っていた愛犬dogの命日でもあります。三回忌です。結莉奈が生まれて2ヶ月になった翌日に病気でなくなりました。

2歳を過ぎた結莉奈ですが、恒例の体重測定は約12.6㎏、身長は約84㎝でした。

だんだんと言葉も増えてきて、二語文も色々と言うようになりました。まだ、滑舌はよくないので、言っている言葉もなんとなくそういっているんだろうな~thinkって感じですが、声も大きく、よくしゃべり、よく遊び、よく食べ、よく寝る子ですbleah女の子と思えないほど活発です。

イヤイヤ期にも入ってきて、困らせたり、思うようにいかないと泣いて怒ったりもします。
翔平ともオモチャの取り合いや兄妹ケンカをすることもたまにあります。だいたい、翔平が負けてますけどね・・・coldsweats01

1歳の時に、「○○結莉奈です。1歳です。」って言うのを言い聞かせていたら、人差し指を立てて1歳を表現して、「いっちゃいですsmile」って言っていたので、「2歳です」と言うのを覚えさせているのですが、どうしても「いっちゃいです」と言います。指はピースできたることも多いのに、言葉だけは1歳と言ってしまいますcoldsweats02
どうも最近ではわざとそういっているようにも思える時gawkもあります。ごくたまに「にちゃいです」って言う時もあるので。。

寝起きは必ず、「きゅうにゅう、きゅうにゅう」って牛乳が欲しいと言います。
翔平のことも、2歳頃からやっと教えていた「にいに」で呼ぶようになってくれましたcatfaceでもたまに、私は翔平の事を「翔君」って言うので、それを真似て「しょうくん、しょうくん」って言うことも多いです。でもだいたい「にいに」で呼べるようになったので、翔平も言われてうれしがって、結莉奈を抱っこしたり、ムギュ~ってしたりしていますlovely

本当に元気いっぱいの女の子になっていますconfident

| | コメント (2)

2012年11月21日 (水)

作品展とランドセル

17日の土曜日は雨降りrainでしたが、翔平の通う幼稚園で作品展が行われました。

作品展は時間内であれば、好きな時間に行けるので、その前に翔平のランドセルを買いに行ってきました。

ランドセルは先月末に決めていました。決めていたのですが、ランドセルと一緒に学習机をセットで買うか、机だけは違うところで買うか迷っていたので、とりあえずランドセルだけ確保してもらっていましたthink
机に関しては後日、家具屋さんの販売会に行って、そこで買ってきました。来月には届きます。

机は買い終えたので、あとはランドセルを買うだけでした。ただ、支払いに関して、義兄が家族割りで買えるというので、義兄が単身赴任中なので、名古屋に帰ってきた時にお願いして、一緒に来てもらい、支払うことにしていました。
そして、それがちょうど作品展の日だったら、大丈夫だということで、姉と義兄もついてきてくれて、購入することになりました。
ランドセルの色は、明るめの紺色です。ただ、翔平の気に入った色だと6年後、似合わない可能性が高くcoldsweats02私としては黒に近い濃いめの紺色の方が良いと思ったので、そちらの色で購入することにしました。

気に入った色から変えることに翔平は特に嫌がることもなかったので良かったです。
義兄に支払いをお願いして、後日、姉にランドセル代を支払うことで、無事に買い終えました。
姉たちとはその場で別れて、私たちはそのまま昼食を先に食べてから、幼稚園へと行きました。

雨降りで昼過ぎだったからか、来てる人はそれほど多くありませんでした。
受付をして、お土産のパズルをもらって、全園児の作品を1クラスごと順番に見てきました。

結莉奈は、翔平の担任の先生たちに抱っこしてもらったのですが、全く人見知りすることもなくニコニコhappy01としていました。再来年には、結莉奈も同じ幼稚園に通うはずなので、今から幼稚園の先生に慣れていれば大丈夫かな。

Dsc04975Dsc04973Dsc04974Dsc04981翔平のクラスに飾ってあったのは、1学期・2学期に描いた絵。モール画。紙粘土を使って作った花瓶。クラスのみんなで作ったリサイクル作品。翔平のグループは、お寿司屋さんでした。他のグループは、警察とかを作っていました。

Dsc04977Dsc04976Dsc04971Dsc04972花瓶は、コアラを作ったそうです。結構、上手に出来上がっていたので、ちょっとビックリしてしまいました。
1学期の絵は、雨降りrain。2学期の絵は、運動会でやった棒体操の逆立ちです。上手に逆立ちしている感じが描けていたのでビックリです。
モール画では、翔平の大好きな車carを作っていました。

Dsc04978Dsc04979Dsc04980グループごとのリサイクル作品のお寿司屋さんでは、牛乳パックを使って自分(写真、奥)を作ったり、玉子やマグロなどお寿司のネタをそれぞれ作ったりしていました。他にも、うどんを作っていました。
たくさんのネタを作ったからか、翔平はどれが自分で作ったネタか分かりませんでした。
同じグループの子が文字とかを担当して書いたようです。よく見ると、文字が反転していたり、翔平もよくやるのですが、小さい「つ」が抜けて書いてあったりしていました。
この辺は、幼稚園児らしいな~catfaceって思っちゃいました。

講堂には、全学年のクラス毎の作品が置かれていました。全学年とも共通のテーマは「海」です。講堂が一面、海waveの世界になっていました。

Dsc04983Dsc04985翔平達のクラスは、大きな亀を作って、その周りに紙袋を使って自分を作っていました。
翔平は、緑色の海パンを履いていますcoldsweats01

幼稚園最後の作品展でしたが、とてもしっかりとした作品が出来上がっていたことにビックリでした。本当に、こういう作品を見ると、子供の成長がよく分かりますcatface

今日は、動物園leoへ社会見学に行きました。とっても良い天気sunになったので良かったですconfident

| | コメント (0)

2012年11月 4日 (日)

初カラオケ&就学前健診

10月31日。翔平は、幼稚園から帰ってきてすぐに、お友達のRくんのお誕生日会birthdayへ行ってきました。

Rくんのお誕生日birthdayは11月6日なので、ちょっと早めのお誕生日会です。Rくんのママから「お誕生日会をするから翔平君だけ借りてもいいかな?happy01」って言われました。親は抜きで子供だけでやると言われていたので、当日はお言葉に甘えて、他のお友達と一緒に翔平もRくんのお誕生日会へと行きました。
なぜ早くやることになったかというと、同じクラスに去年の東日本大震災で福島県から避難してきたTくんがいて、その子が福島県に戻るdespairことになり、幼稚園は31日でお終い。そして、引っ越し日がRくんのお誕生日の日だったこともあり、Tくんも呼びたいというRくんのお願いで、早くやることになりました。

お誕生日会は、シダックスですると言うので、Rくんのママが他のお友達と一緒に翔平も迎えに来てくれました。Rくんと翔平を含めて5人、それにRくんのママとRくんの弟も参加。
翔平には、Rくんに渡すプレゼントpresentを持参させました。

シダックスなので、メインはカラオケkaraokeです。翔平は生まれて初めてのカラオケですcoldsweats01
テレビではカラオケがどういうものか知ってはいたので、当日をとても楽しみにしていました。
いざ、お誕生日会が始まり、カラオケをすることになったら、初めての割に、曲を選曲する機器を教わってもいないのに、周りのお友達は使い方が分からないのに、翔平は使いこなしていたそうですcoldsweats02
普通は順番に交代交代で歌うというのが当たり前と言う感じなのに、翔平は歌い終わったらすぐに曲を入れて、順番を無視して曲を入れては歌って熱唱notesしていたそうです。
しかも曲が始まると、テレビ画面の方を向いて、マイクkaraokeを離さず集中eyeして歌っていたそうですcoldsweats01

カラオケの他に、誕生日ケーキcakeをみんなで食べたり、ドーナツも1つ食べて、「残りは夜ご飯が食べられなくなるからgawk」ってRくんのママに言って、食べきれなかったドーナツ2つをお土産として持って帰ってきました。

Rくんのママからは、お誕生日会に参加してくれたお礼として、ハロウィンの日だったこともあり、キャラクターのハロウィン仕様のバケツにお菓子が詰め合わせされていたものをもらって帰ってきました。
約2時間ぐらいの初めて呼ばれたお誕生日会でしたが、翔平はとても楽しめたようで、夜ご飯もいつもと変わらないぐらい食べていました。
どうも、いっぱい歌ったからか、お腹が空いたようですbleah

さて、翌日の11月1日は、来春から通う小学校で就学前健診が行われるため、午後から幼稚園を早退して行ってきました。

ちょうどこの日、年長さんはリニア鉄道館bullettrainに社会見学へ行くことになっていて、帰ってくる時間を聞くと13時半頃だと言われました。
健診の受付時間が、男の子は13時半~13時45分となっていて、女の子は14時~になってました。
これでは受付時間に遅れてしまうので、前もって学校側には理由を言ったら、女の子の受付時間でも大丈夫だと言われましたconfident

RくんのママがRくんを迎えに行くついでに翔平も連れて帰ってきてくれるというので、お願いしてありました。
その間に、たまたまバイトが休みだった私の姉に、結莉奈を預かってくれると言うので迎えに来てもらい、結莉奈は姉の家でお留守番してもらいました。

Rくんのママに翔平を送ってきてもらい、すぐに着替えさせてから小学校までは徒歩で行くことになっていたので、急いで向かいましたsweat01Rくん親子も遅れてあとから来ました。

女の子の受付時間でも大丈夫と言っていたとおり、受付してもらえましたconfident
受付をすると、翔平は6年生のお姉さんに健診などをする教室を案内してもらうため、親から離れてお姉さんと一緒に行きました。
約30分ぐらいでしたが、親はその間、イスに座ってその場で待機。

健診を終えた翔平が戻ってきて、結果通知を受け取るために、一緒に先生の前に行き、軽く面接と言うか、先生が翔平に「(健診で)何が一番楽しかった?eye」って聞かれて、「勉強happy02」って答えていました。どうも質問で、「「あ」や「か」から始まる言葉を言って下さい。」っていうのが楽しかったらしく、どんな風に答えたかを面接の先生に教えていましたcatface

結果通知では、合格passをもらい、今後の予定とか説明された書類とかをもらい、無事に就学前健診は終わりました。
次回は、2月に説明会があります。

家に戻ってから、姉に連絡をして結莉奈も連れてきてもらいました。約3時間ほどでしたが、イイ子に待っていられたそうですが、結構色々と食べる物をもらって食べていたそうですdelicious
それでも、結莉奈は家に戻ってからも結構おやつを食べてましたcoldsweats01

無事に健診も終わったので、あとは小学校へ入るための必要な物とかを徐々に買っていかないとなconfident

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »