« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月29日 (火)

2歳4ヶ月&退院日決定

Dsc0509226日で結莉奈は2歳4ヶ月になりましたhappy01

恒例の体重測定は約13㎏。本当にずっしりと重くなってきましたcoldsweats01

やんちゃ度もますます増してきています。本当に「魔の2歳児」とはこのことかsign03って言うぐらい。。。shock
言葉もよく出るようになり、2語文もたまには3語文らしきことも言うようになりました。
ただ、ほとんどはマネて言うことばかり。
私が携帯で話したりしたあとには、「何て言ってた?eye」って何度も聞いてきたり、メールでも同じように聞いてきたりします。

遊ぶことは、女の子の遊びよりお兄ちゃんがいるから男の子の遊びをすることが多いです。特にトミカ好きの翔平お兄ちゃんがトミカで遊び出すと結莉奈も一緒になって遊び出しますcatface
翔平も結莉奈に、「戦いしよhappy01」とか言って、戦いごっごを兄妹でやってます。結莉奈も喜んで遊んでいるので良いんですけどねcoldsweats01

Dsc05093Dsc05095最近では、結莉奈が翔平に「にいに、ぱっかぱっかhappy01」って言って、翔平にお馬の格好をさせて、その上に結莉奈が乗ってお馬さんごっごもしています。それがこの写真です。
結莉奈の足が片方ついてしまっていますが、関係なしです。
普通、こういうのって父親がやるものでは???thinkって思いますが、どうも結莉奈はお兄ちゃんにやってもらうのが嬉しいようです。翔平も喜んでやっているので楽しいようです。

テレビを見ては、AKB48が歌っていると「えーけーび」って言って、積み木をマイク代わりにして歌とダンスのマネをしていますhappy02
あとは、ゴールデンボンバーも大好きで、曲が流れると一緒になってジャンプしてマネしていますcoldsweats01
プリキュアも歌をマネして歌おうとしています。

本当に元気いっぱいな女の子に成長しています。

さて、母の方ですが、26日の午前中に一泊だけ自宅への外泊許可が出ました。外泊許可といっても、リハビリの一環で、家の中で杖をついて動いてみるという訓練です。
実家へ行くと、杖をつかなくても何とか歩いていました。ただ、病院の先生からは、実家は二世帯住宅で3階建てなんですが、「絶対に3階まで上がらないで下さいsign01」って言われたそうです。
まあ3階は寝室ぐらいしかないので、なるべく2階のリビングで過ごすと言ってました。トイレも近いし、寝る時もリビングに布団を敷いて寝ると言ってました。

27日の午後には、また病院hospitalへ戻り、そして昨日、母から「30日に退院することになりましたconfident」って、メールで連絡がありました。約20日間の入院生活となりました。
リハビリは通院で出来ると言われたそうなので、一週間ほどはまだ家で安静にしながら過ごして、仕事復帰となると思います。

数値の方も安定してきて、糖尿の数値も高かったのですが、これも下がり、血糖値を測ることもしなくて良いと言われたそうです。
この辺の数値もやはり心臓の薬を飲んでいると色々と出てしまったのかもしれませんが、よく分かりません。

まあ、とりあえずは退院日が決まったので良かったです。これからも合併症には気をつけて生活しなくてはならないので大変ですが、元気でいてもらいたいですcatface

| | コメント (2)

2013年1月21日 (月)

母のお見舞い

母が入院してから2週間が過ぎました。

11日に入院して、翌日の12日に病院hospitalへお見舞いに行きました。
右足が腫れてしまったので、腫れを抑えるために膝を曲げないようにギブスのようなもので固定されていました。

母に色々と聞いたところ、どうも整形外科で受けたヒアルロン酸注射が毛細血管に当たって傷つけてしまったようで、そのせいで血が止まらなくなり、動かすたびに足に血が溜まってしまい、どんどんと大きくて腫れてしまって痛みが止まらなかったそうです。

それも心臓の手術をしてから一生飲み続けなくてはいけないワーファリンという薬があるのですが、どうもその薬がいつもより2倍ほど効き過ぎていたようで、その上にヒアルロン酸注射が血管に当たってしまい、血が止まらない状態が続いてしまったそうです。
整形外科の先生曰く、水道の蛇口をひねった状態で、噴水のように血が出続けているとのこと。

整形外科の先生は、こんなことになるのが初めてだったそうです。母と同じようにワーファリンを飲まれている方にヒアルロン酸注射を打つという患者さんをたくさん見てきて行っていたのに、母のような状態になったのは初めてだったので先生もビックリeyeしたそうです。

幸い、整形外科の先生がとても良い先生catfaceだったので、すぐに現在、母が入院している総合病院へ診断書とは別に絵付きでこうなった状態を書いて、入院手続きを行ってくれました。
ちょうど、12日にお見舞いへ行った時も途中でその整形外科の先生が私服姿でわざわざ母の様子を見に来てくれましたconfident
病院が違うのに、母に大変な思いをさせてしまったこともあってか気にしてお見舞いに来てくれました。

母は結局、合併症でなってしまったので、母もこれを教訓にこういう合併症が起きることを改めて知ることが出来ました。
こんな事が起きてしまったので、ヒアルロン酸注射はもう受けたくないsadって言ってました。

一週間後の19日にもお見舞いに行ってきました。すると、固定していたのを前日に外すことができ、10日間ほど足を固定した状態のままだったので、膝を曲げることがとても辛くて、まずは膝を曲げることからリハビリが始まっていました。

腫れも入院当初とは違い、すっかり腫れも治っていました。あとは、足を動かすリハビリなどをして、同じような症状が出ないか様子を診るだけです。
まだ退院の日にちは分かりませんが、上手くいけば今月末までには退院できそうかな。

母としては、痛くて腫れて動かすにも動かせない右足が、鉛のように硬くなっていたので、もしかして切断するのでは・・・shockって考えたこともあったそうです。
でも、安静にしていることで腫れも治まったので一安心ですconfident
合併症の恐ろしさを知った入院になりましたthink

| | コメント (4)

2013年1月11日 (金)

母、また入院

今日から母がまた入院することになりましたthink

今回は、心臓ではなく、右膝痛での念のための入院です。膝の痛み以外は、健康上問題なく元気です。

心臓を手術する前から膝や足の痛みがあった母。定期的に個人の整形外科で水抜きなどの注射を受けていました。
手術してからも時々、ヒドイ痛みが出たりしていて、湿布とかを貼ると痛みが治まったりしていて、また時々、整形外科で診てもらっていました。

8日の日の夕方前に父を仕事場に送って行ったあと、整形外科へ行きました。実家では、車を2台所有していたのですが、母の手術をキッカケに車を1台だけにしました。なので、母が使いたい時は、父を仕事場まで送っていきます。使わない時は、父が仕事場まで自分で使っています。
病院でいつものように治療してもらったのですが、この日の注射は特に痛かったそうですcoldsweats02

痛かったな~coldsweats01って思いつつ、そのまま家まで帰りました。そして夜、父の仕事が終わる頃に母が迎えに行ったのですが、その時も足が痛い状態が続いていたそうです。
それでも母は迎えに行き、帰ってきてから父に足の状態を話したり、腫れも出てきて痛さも続き、心臓の手術の時に入院していた総合病院の救命へ行った方が良いか相談していたそうです。

思い切って、母は車を運転して救命hospitalに行きました。そして、診てもらったところ、水が溜まっているかもしれないということで注射で抜いてもらうことになりました。
すると、いつもとは違う色が出てきて、注射器2本分55mlほど採れたそうです。でも、その時の痛みがハンパなかったそうで、声を上げるほど痛かったそうですshock
しかも、膝裏の方にもちょっと気になるところがあったようで、そこも注射器で水抜きをしてもらったのですが、そちらもものすごく痛くて、大声で「痛いsign03sign03」って叫んでしまったと言ってました。

そして、痛みも続くので、10日間ほど安静にしておいた方がよいと言われたそうです。歩くのもツライ状態だったので、松葉杖も渡されたそうですが、松葉杖を使うのも辛くて痛かったそうです。

そういった状況が整形外科に行く前は全然だったのに、行った後から痛くなったので、整形外科の方にも話をしたところ、救命で抜いた時の色が違ったこともあり、もしかしたら治療の際に血管を傷つけてしまったかもしれない・・・coldsweats02ということで、整形外科の先生が責任を感じ、総合病院の方と話をして、連休もあるので、総合病院の方で念のために入院させてもらえるように話をつけてくれましたthink

トイレに行くのもやっとのほど痛いそうで、家のことも何もできないし、仕事も休まないといけない状態なので、病院で痛みが取れて治るまで急遽、入院することになりました。
それが決まったのが、昨日の昼以降だったので、決まってからすぐに母から連絡が入りました。

父の食事とかに関しては、私の姉に任せてあるから気にしなくて良いと言われました。ただ、姉の方も平日の午前中はバイトをしているし、義兄は単身赴任で不在だし、土日は小5の少年野球に付きっきりだったりして、下2人の子供達の世話が出来なかったりで家を留守にすることが多いですdespair
でも、少年野球の方も練習だけなら何とかなるのですが、試合とかが入ってしまうと姉も身動きが取れない状態になるので、そういう時だけは我が家で2人の甥姪を預かるようにします。

とりあえず、膝の状態がどんな状態なのか、入院してみての様子見になってしまうので、いつまで入院になるかも分かりません。

母の場合、心臓の手術以降に一生飲み続けなくてはいけないワーファリンという薬を飲んでいるので、もし血管を傷つけていたのであれば、薬の影響で血が止まりにくくなってしまうので、その影響で痛みが出てしまったかもしれないとも言われました。
心臓のこともあるので、しばらくは病院で診て安静に過ごすしかありません。

どうなるか分かりませんが、母もまた入院ということに参ってましたwobbly
早く良くなるといいのですが。。。

これもまた、私の後厄のせいだったら嫌だな~think

| | コメント (2)

2013年1月 8日 (火)

お正月の出来事

長いお正月休み・冬休みも終わり、昨日から旦那も翔平も通勤・通園が始まりましたhappy01

さて、お正月は、1日の朝は、大晦日に食べたおそばやおかずが食べきれずに残ってしまったcoldsweats01ので、それを食べて、昼前に旦那の実家へと向かいましたrvcardash

旦那の実家へ着き、翔平は大きな声で「あけましておめでとうございますhappy01」って義母に言ってました。
着いて早々、旦那は網戸の張り替えをしました。義父母の家には猫catを2匹飼っていて、その猫たちに網戸を引っかかれて、数年前から網戸が一部破れた状態になっていました。
それを直すため、予め網戸の大きさを測り、必要な物をホームセンターで購入し、今回のお正月に直すと決めていた旦那。ちょっとした親孝行ですねcatface

旦那が張り替えをしている間、翔平と結莉奈と私は、お餅を焼いてもらいました。結莉奈はお餅はまだ食べられないので、義母が作ってくれた栗入り芋金時をひたすら食べていましたdelicious
翔平も芋金時を少し食べ、菓子パンを食べ、そして磯辺餅も食べましたconfident

食べている時に、義母から「初詣に行った?eye」って聞かれたので、まだ行っていないことを言うと、近くの神社へ「御札とかも買いたいから一緒に行かない?」って言われました。
ちょうど今年は、後厄の私。後厄だということを義母に話すと、厄払いまではできないけど、厄除けのお守りなら売っているだろうということで、旦那に張り替えが終わったら行かないか聞きました。
とりあえず、2枚張り替えが終わったところで、義父は行かないと言うのでお留守番してもらい、義母と私たち一家で近くの神社へ初詣に行きました。

結莉奈は初めて行く神社です。翔平も私たちも久しぶりに行きました。
14時過ぎていたのですが、結構たくさんの方が来てました。お参りをして、御札や御守りを買うついでに、おみくじをしました。
私と旦那は、大吉scissors翔平はたぶん初めておみくじを引いたと思うのですが、結果は末吉でした。
私は厄除けのお守りを購入し、後厄が無事に何事もなく終わることを祈るだけです。

初詣を終えたあと、ちょっと買い物に寄ったり、コメダ(喫茶店)に入って、話をしたりしてから実家へと戻りました。
夜は、おせちを食べました。結莉奈と翔平にはハンバーグを焼いてくれました。
そして、初めて結莉奈は義母と一緒にお風呂に入りました。翔平は眠気に負けて入らず。。翔平を寝かしつけている間に、結莉奈は義母とお風呂に入りました。泣くこともなく、楽しくお風呂に入っていたそうですhappy01

翌日2日は、ご飯を食べたあとに、旦那は1枚だけ残っていた網戸の張り替えの続きをしました。翔平もお手伝いをしてました。
その後、昼から義伯父さんの家へ集まることになっていたので、行きました。

Dsc05077Dsc05078そこで、結莉奈は義伯父さんに教えてもらい、正座をして「あけましておめでとうございますcatface」と言えないけど格好だけマネしてました。
翔平と一緒に正座をして、覚えた挨拶をやっていました。
お年玉や美味しい物をたくさん食べ、たくさん遊んでもらい、翔平は義伯父さんに自転車bicycleを借りて練習してました。結莉奈も金魚のフンのように引っ付いてました。途中、危なっかしいところもありましたが、楽しかったようです。

親戚の家から実家へと戻り、夕食をごちそうになってから、家へと帰ってきましたconfident
翔平と結莉奈には義母からお年玉の代わりにお菓子の詰め合わせをもらいました。
翔平には、コアブロックというおもちゃももらいました。休みの最後に作りました。ジェット機が作れるのですが、ブロックが小さくて翔平にはまだちょっと難しかったようです。ほとんど私が作ってあげましたcoldsweats01

Dsc050813日は、昼から私の実家へ行きました。姉一家は、前日の夜から実家へ泊まりに来ていました。姉と義兄が3日に仕事があるため甥っ子達は実家でお留守番でした。
私たちが行った時には、姉は仕事終えて帰ってきていました。母も午前中は仕事があり、帰ってきてから翔平と結莉奈はお年玉dollarをもらいました。

Dsc05082Dsc05084Dsc05085夜は、母が買った生ズワイガニcancerのむき身を3㎏分だして、全員でカニ鍋をしました。
結莉奈もカニを本格的に食べるのは初めて。美味しかったようでたくさん食べてましたhappy02

Dsc050894日は、家でゆっくりと過ごし、5日はまた昼から私の実家へ行きました。
義兄が翌日の夜にまた単身赴任先に帰って行き、約1ヶ月ほどは帰ってこられないので、みんなで集まることになりました。
そして、母がみんなで集まったのだから集合写真cameraを撮ろうと言っていたので、三脚とカメラを持参して、みんなで写真を撮りましたhappy01
1年に1回はみんな集まった時に写真を撮るのもいいですねcatface

今回も甥っ子達とUNOをしました。小1の甥っ子は疲れて寝てしまっていたので、上二人の甥・姪と一緒に大人も参加してやりました。自滅coldsweats02も何度かしてしまいましたが、楽しかったです。

最終日は、のんびりと家で過ごし、長かったお休みが終わりました。
今年1年、どんな年になるのかなconfident

| | コメント (0)

2013年1月 4日 (金)

2013年 新年挨拶

2013年ももう4日過ぎてしまいましたが、新年あけましておめでとうございますfuji
本年も私のブログ・家族共々、よろしくお願いしますconfident

今日は、新年の挨拶と翔平が幼稚園で作ってきたのを載せたいと思います。

Dsc05075Dsc05076毎年恒例ですが、幼稚園で作ってきたママとパパ宛てに書いてくれた年賀状です。
ヘビのくねくね感が出ています。よく見るとハサミで切ったところがガタガタですが。。。coldsweats01
さすがに年長さんなので、切手のところも自分で絵を描いて作ってくれています。
住所も自宅の住所で書いてありました。一枚だけ先生が見本として書いてくれていて、もう一枚はおそらくそれを見ながらマネして書いてくれたと思われます。
幼稚園で作ってくる手作り年賀状も今回で最後です。

Dsc05088そして今回は、カレンダーも手作りで作って持って帰ってきました。カレンダーのところはもう印刷されているので、上の絵だけですが。。
スチロール板に描きたい絵を鉛筆pencilで描き、それに色を塗って版画のようにしてカレンダーが作られています。原画ももらってきています。
ちゃんと電車trainらしくなっているのでスゴイです。
このカレンダーは、貼るところに困ったのですが、いつもは貼らないリビングに貼っていますcatface

幼稚園生活もあと3ヶ月弱。あっという間に過ぎていくのだろうけど、思う存分、楽しんでもらいたいと思ってますhappy01

お正月中の出来事は、また後日書きます。
改めて、本年もよろしくお願い致しますconfident

| | コメント (2)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »