« 溶連菌感染症に | トップページ | 七夕の短冊 »

2013年7月 2日 (火)

再び単身赴任&七五三前撮り

あっという間にもう6月が終わり、7月ですね。2013年も半分が過ぎてしまいました。。。

さて、最近は色々とあり、忙しくてブログをUPする暇もなく、ちょっとだけ最近の我が家について書いておきます。

タイトルにもあるように、旦那が単身赴任することになりましたdespair
前回は、翔平が年中さんの時に、一年間、長野へ単身赴任していたのですが、今回は、とりあえず来年の3月末まで埼玉へ単身赴任になりました。というか、もう単身赴任で行っているのですけどね。。

今回は、旦那が転勤を希望したということもあり、会社側にも色々と無理を言っての単身赴任です。春頃からどうなるか、会社側からの返事待ちをしていて、ようやく転勤先が決まったのが、6月中旬前。
それから一週間経ってから、会社側から住まいをレオパレスと指定されたので、すぐに選び、そして、荷物の準備。
引越費用は会社側が払ってくれるということになっていて、引越会社までは会社側から指定もなかったので、時間もないのでやってもらえるところを探したところ、クロネコヤマトの単身引越便しか空きがありませんでした。

引越便も決まり、だいたいの荷物を言って、見積金額も約6万ぐらいと言われ、日にちまで準備とかをしていたら、会社側から引越費用が高いとか見積取って教えてくれないと・・・、などと文句を言われ、挙げ句には、「社用車はどうするの?持ってこないと仕事できないよ。」などとも言われたそうですwobbly
社用車は勝手に持っていくことなどできないから、普通は会社側がこっちの営業所の上司と話をして決めることではないのかな??って会社に対して疑問を抱きつつangry何とか赴任先の営業所から違う営業所へ車を借りられるように手配してくれて、一段落しました。

会社側も「社用車を持ってくるのが普通でしょ?eye」っていう考えにちょっとおかしいのではと思いつつ、社用車の手配は普通、会社側が指示して来るのが当たり前では。。。って私は思うのですが、こっちの考えが間違っているのでしょうか?

色々とありつつも、埼玉へは7月1日付けになっていたので、6月30日の朝、旦那は自家用車で埼玉のレオパレスへと出発。昼過ぎに着いて、荷物も到着して、その日は引越作業で一日を終え、翌日の昨日から埼玉の営業所へ出勤しました。

とりあえず来年の3月末までの予定ですが、その後は会社の判断でそのまま埼玉にいることになるのか、どうなるのか決まります。埼玉に残るのであれば、レオパレスを出て、自分で家探しをして住んでもよいというそうですが、それもどうなることやら。。。think

そして、今回の単身赴任が決まったことによって、我が家も現在の住まいを出ることに決めました。二重生活になるので、高い賃貸の家賃を払い続けるのが難しいので、私と子供達は、私の実家へ引っ越しすることに決めました。
私の実家は、車で5分の距離にあり、翔平は学校を変わる必要がなく、ただ通学路が変わるだけになるので、旦那の状況が落ち着いて、我が家も経済的に安定してくるまでは、実家で居候という形でお世話になることになりましたthink

我が家の引っ越しは、翔平が夏休みに入って、プール出校日が終わってから引っ越します。なので、今月の下旬頃に引っ越しをするため、引っ越しの見積も取り、引っ越し会社も決めて、色々と電話で引っ越しするための手続きをしたりして、ようやくあとは荷物を片付けるだけとなりました。

あと、3週間ほどで荷物の準備をしなくてはいけません。実家に入るので、ほとんどの物を処分することになるし、たくさんの荷物を持っていくことも困難なので、仕分けをするのが大変ですsweat01
実家に入ることで、実家の部屋も片付けてもらい、入れるように家具とかの移動もしてもらいました。色々と母からは厳しい言葉を言われたりもしましたが、こっちが無理を言っているので、聞くしかありませんcoldsweats02
部屋に置ける物の場所とかもだいたい決まったので、それに合うように荷物を準備して、引っ越し日を待つことになります。

さて、旦那が赴任する前日の6月29日は、一ヶ月前に予約していた、結莉奈の七五三の前撮りcameraをする日でした。
日にちを決めた後に、単身赴任が決まったので、前撮りはそのまま決行しました。
昼からの撮影だったので、午前中に実家へ行き、家族写真も撮ってもらうことになっていたので、私は母に着付けをしてもらい、着物を着て、写真屋さんへと行きました。

結莉奈は、写真屋さんで着物を借りるので、私服で行き、ヘアスタイルと化粧、着付けをしてもらいました。着物は選ぶ際に結莉奈が決めたキティちゃんの着物です。色は青です。写真の方は、出来上がったらUPしようと思います。
実際の七五三で着る着物は、母が買ってくれていて、姪っ子が着た着物を結莉奈が着ることになります。色もピンクというので、前撮りとは違う衣装になります。

人見知りがある結莉奈なので、髪をやってもらう時もお姉さんが話しかけてくれても最初は話さなかったけど、「お昼ご飯食べたの?」とか「アンパンマン好き?」とか聞かれて、小さな声で答えていました。だんだんと慣れてきて、持ってきてもらったアンパンマンのぬいぐるみで遊び出すと元気になり、周りが気になるようでキョロキョロとちょこまかと動いたりして、髪をセットするのにちょっとお姉さんがやりづらそうにしていました。
でも、髪飾りを選ぶ時には、自分で選んだり、つけてもらうとニコニコhappy01と笑顔も出てきて、可愛く仕上げてもらいました。

写真撮影の方は、翔平もいたので、翔平が結莉奈をあやしてくれて、ニコニコhappy02と笑顔いっぱいの写真を撮ってもらえました。最初は、笑顔が出なくて撮れないのでは・・・thinkって思っていたのですが、ニコニコ笑顔の上に、じっとしていられずに、前へと動いたりして撮る側も大変そうでしたが、何とか無事に撮影を終えましたcoldsweats01

写真選びは三連休の時にでも行ってこようと思ってます。旦那も三連休は、こっちへ戻って来るので、一緒に選びたいと思います。

ただ、帰省旅費が会社側から出ないので、そう簡単に帰っては来られないので、結莉奈はまだ小さいのでパパが家に帰ってこないことが寂しいという感覚はなく、おかしいな~ってくらいでしか思っていません。
でも、翔平は年中さんの時に一年間経験していて、寂しい思いとしたのですが、さすがに今回もやっぱり心の奥では寂しいようで、昨日は早速、Skypeでパパとお話ししてから寝ましたsleepy

実家に住むようになったら、ちょっとは翔平も寂しさが和らぐのかな?thinkって思いつつも、しばらくは離ればなれで暮らすことになります。

そんなことで、引っ越しが終わって、ネット環境が復活するまで、なかなかブログ更新ができませんが、息抜きとしてたまにはブログUPしたいとも思ってますconfidentので、よろしくお願いします。

|

« 溶連菌感染症に | トップページ | 七夕の短冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 溶連菌感染症に | トップページ | 七夕の短冊 »