« 2014年、新年の我が家 | トップページ | ステージショー »

2014年1月21日 (火)

またまた入院

1月も半分以上過ぎてしまいましたが、最近はバタバタで大変でしたsweat01

三連休前日の10日の金曜日、母が体調不良を訴えながら仕事に行きました。仕事を終えて帰ってきてからもずっと、お尻や腰あたりなど体の節々が痛いと言い、たぶん風邪を引いたのでは・・・と、その日は過ぎました。

そして翌日の土曜日、母は普段平熱が35℃台なのですが、朝測ると37℃を超えていました。その日は一日、食事も取らずにずっと寝ていましたthink
日曜日になり、熱は下がらず、食事も取らず、喉が痛いと寝ていました。
夜になり、母が起きてきて、喉がかなり腫れてきているから救急に行ってこようかな~gawkって言い出し、夜7時前に救急hospitalへ行きました。

それから父が仕事から帰ってきて、夕食を食べたあと、救急へ母の様子を見に父が夜10時頃に病院へと向かいました。
母は二日間、心臓の薬も飲んでいなかったし、下手に風邪薬も飲めないので、私としては早めに病院へ行った方がいいと母には言っていました。

色々と検査をして、さらに救急なので救急車も多くて、診察してもらうのに2時間待ち。
検査をして、検査結果が出たのが23時過ぎだったそうです。

そして、診察結果は、扁桃炎と言われ、即入院と言われたそうですshock
すぐに入院手続きをして、入院することになったことを父から連絡をもらったのが、0時を過ぎていました。
それから父は、入院に必要な物とかの説明を受けてから、夜の1時半過ぎに帰ってきました。

祝日の月曜日、翔平たちに、ばあちゃんが入院したことを伝えました。
そして、私は実家へ引っ越ししてきて以来、ほとんど料理はしていなかったので、久々に本格的な料理を作ることになり、若干、料理ボケというか家事ボケcoldsweats01もありつつ、母の入院期間が約1週間と聞いていたので、朝昼晩の3食を作ることになりました。

火曜日、翔平が学校へ行った後、結莉奈も連れて父と三人で買い物に出かけました。
そして、そこでもちょっとした事件がありました。

二軒目のお店でのこと。
父が先に1つだけレジをするというので、私と結莉奈は他に必要なものを買いながら、父が戻ってくるのを待っていました。すると、なかなか父が戻ってこないし、結莉奈はトイレtoiletに行きたいと言い出し、仕方なく買い物かごをお店に置いておいてから、お店外にあるトイレへと結莉奈を連れて行きましたcoldsweats02
すると、父が車の前で頭を押さえて立っていました。よく見ると、左の頭部から血が出ていましたwobbly
父に事情を聞くと、トランクに荷物を入れ終えてトランクを閉めようとしたときに、距離感覚を間違えて、トランクの角のところが頭に当たり、血が出たというのです。

とりあえず、私は結莉奈をトイレに連れて行き、戻ってから父の様子を見ながら、大丈夫だというので、レジを終えてから車に戻りました。
父の頭の傷を見ると、3㎝ほど横に切れていて、タラコ唇のような状態に見えたので、念のため救急で処置してもらった方がいいよと言って、家に戻り荷物をおろしたあと、父は母が入院している病院の救急hospitalへと行きました。

そして、1時間後に帰ってきた父の頭には、大きな編み目状のガーゼ包帯を頭に被って帰ってきました。幸い、縫うほどの傷ではなかったので、塗り薬をもらって帰ってきました。

母の方はと言うと、病院で安静にしていたことで、治りも早く、1週間予定が日曜日の夜に入院し、金曜日の朝、退院することが出来ましたconfident
退院したばかりの時は、まだ体調が戻っていなくて、ちょっとしんどそうでしたが、月曜日から仕事復帰するというので、土日の間に体調もよくなり、仕事復帰しました。

そして、父の方は、家の中でもまた棚の角で今度は前回の傷よりちょっと下のおでこに近いところをぶつけて、血を出していましたwobbly
別の部屋からリビングへ入ろうとした時に、結構大きな音がしたので、何か鍋とかを床に落としてしまったのかと思ったら、角打ちしたといい、母も呆れていましたcoldsweats01

ちょっと色々とありましたが、去年の一月も母が入院して、今年も同じような時に入院したのでビックリしました。
幸い、今回は短い入院だったので良かったですが、母の場合は、大きな手術をしているので、今後の生活は何かと気をつけなくてはなりません。

私が一緒に生活していたことが良かったのかどうか分かりませんが、母が元気になって良かったですcatface

|

« 2014年、新年の我が家 | トップページ | ステージショー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014年、新年の我が家 | トップページ | ステージショー »